事業内容|富山総合不動産研究所|鑑定評価

相続税評価簡易調査

不動産鑑定士が土地の概算評価額を事前に机上調査いたします。


富山不動産研究所

簡易調査報告書のサンプルはこちら


被相続人が土地を持っていた場合、相続税申告書の土地評価のために土地評価明細書の提出が必要です。土地を持ち、相続税が発生された方のほとんどが提出しなければならない書類です。

当研究所は、お客様からご提示していただいた資料に基づき、間口・奥行距離や蔭地割合等の面倒な作業を迅速に処理し、相続税路線価等に対応した土地の概算評価額を調査します。また、正規の鑑定評価を行うことにより、相続税評価額を減額できる可能性を有する場合には、その旨を簡易調査報告書に明示いたします。


当研究所の強み

@3名の不動産鑑定士が所属しており、有資格者も多数います。
AGIS(地理情報システム)等を用いた多数地点一括評価のノウハウがあります。


サービスの流れ

STEP@

電話、メール、FAXでご相談ください。ご相談は一切無料です。課税明細書写し、公図、測量図、住宅地図等の資料をご提示いただきます。

STEPA

料金、サービス内容等ご納得の上、正式依頼をして頂きます。

STEPB

簡易調査報告書を納品します。

本件の調査は相続財産の概要をおおまかに把握することを目的とした机上のみの調査であり、国土交通省による「不動産鑑定評価基準」に則った正規の鑑定評価ではなく、あくまで簡易な価格調査によるものです。

よって、現地の実際の状況を把握したものとは異なる可能性があります。

税務署提出用には別途詳細な再調査や正規の鑑定評価等が必要となります。

関連ページ

不動産鑑定の流れ
ご相談からご納品まで、不動産鑑定評価の流れを簡単に説明しています。
不動産の鑑定評価はこんなときに活躍します!!
不動産の鑑定評価はどんなときに利用すれば良いのか。当研究所不動産鑑定士がまとめました。
鑑定評価Q&A
鑑定評価に関する疑問点にお答えいたします。
その他鑑定評価業務:地歴調査
地歴調査をお願いしたい場合はこちら。
その他鑑定評価業務:広大地判定
広大地の判定は不動産鑑定士にお任せください。
その他鑑定評価業務:CRE戦略支援サービス
当所CRE戦略支援サービスのご紹介。サービス概要、CRE戦略を行うことによる効果、サービスの流れについて掲載しています。
固定資産税評価業務1
GISを用いた固定資産税評価業務、画地計算システム、鉄軌道用地評価、地番家屋図異動修正業務
固定資産税評価業務2
当所では固定資産税評価業務における雑種地評価、農地評価を適切に行う体制が整っています。 また現地の現況を細かく確認することができるパノラマ全方位撮影システムを開発しております。
斜め・スポット空中撮影システム
ドローンを用いた空中撮影システムはこちら。

トップページ 会社案内 事業内容 料金のご案内 採用情報 お問い合わせ