鑑定評価|疑問|Q&A|こんなときは

鑑定評価Q&A

不動産の鑑定評価とは何ですか?

鑑定評価は、不動産鑑定士が「不動産の鑑定評価に関する法律」に基づき、不動産の経済価値を判定し、合理的な市場で形成される正常な価格又は賃料を求めるものです。

国家資格者である不動産鑑定士のみが行える独占業務であり、詳細な調査と高度な要因分析を行って作成された不動産鑑定評価書は、不動産の客観的かつ適正な価値を証明するものとして有力な立証資料となります。


不動産屋の価格査定と何が違うの?

不動産業者による「価格査定」は、不動産の売主に対し、周辺の取引価格や公的な価格情報等を参考に、不動産業者の意見としての価格を提示するもので、仲介業務の一環として無料で行われています。

査定した価格に対しては法的な責任はありませんので、不動産業者の主観や契約に繋げたいといった思惑も入っているかもしれません。また、その内容や精度も様々です。


これに対し、「鑑定評価」は、第三者的立場の不動産鑑定士が、「不動産の鑑定評価に関する法律」及び「不動産鑑定評価基準」による規定の下、詳細な調査を行い、鑑定評価の手法を駆使して、市場で形成される客観的な価格を求めるものです。

評価額を記載した不動産鑑定評価書には、評価を行った不動産鑑定士の署名・押印がなされ、当該鑑定士は、鑑定評価額に対して法的な責任を負います。

それ故、「鑑定評価」により求められた価格は、法律によって客観性、信頼性が担保されており、高い公的証明能力を有します


料金はどのくらいかかるの?

当所では、報酬額表を設けていますので、そちらのページを参照下さい。


相談しただけでお金がかかりますか?

相談・見積は一切無料ですので、お気軽にお問合せください。


不動産の鑑定評価は、どういうときに使うの?

不動産を売買するとき以外にも、相続税の節税対策、賃料の値下または値上交渉、会社設立時の現物出資、訴訟・調停における証明等、様々な用途があります。

詳しくは、「不動産の鑑定評価はこんなときに活躍します!!」を参照下さい。


富山県以外の不動産でも鑑定評価できますか?

可能です。但し、旅費等の実費は別途必要です。

関連ページ

不動産鑑定の流れ
ご相談からご納品まで、不動産鑑定評価の流れを簡単に説明しています。
不動産の鑑定評価はこんなときに活躍します!!
不動産の鑑定評価はどんなときに利用すれば良いのか。当研究所不動産鑑定士がまとめました。
固定資産税業務
当所ではGISの能力をフル活用し固定資産税業務を行っています。雑種地評価・農地評価も適切に評価できます。 さらに現地の現況を細かく確認することができるパノラマ全方位撮影システムや斜め・スポット空中撮影システムを開発しております。
相続税評価簡易調査
当研究所の不動産鑑定士が土地の概算評価額を事前に机上調査いたします。
地歴調査
地歴調査をお願いしたい場合はこちら。
広大地判定
広大地の判定は不動産鑑定士にお任せください。
CRE戦略支援サービス
当所CRE戦略支援サービスのご紹介。サービス概要、CRE戦略を行うことによる効果、サービスの流れについて掲載しています。

トップページ 会社案内 事業内容 料金のご案内 採用情報 お問い合わせ