蜃気楼の見える街

8:00~19:00 日祝休

Tel:0765-22-0835

最新情報

◎立山酒造 季節限定酒:生貯蔵 吟醸「立山」


 厳選された良質の酒造好適米である山田錦を麹米と掛米に使用して、丁寧に醸した吟醸酒です。  果実のような品のある口中香と淡麗な喉越しの中に感じる柔らかな味わいが特徴です。
魚料理にぴったりのお酒です。
 [原料米(麹米・掛米)]  兵庫県産米「山田錦」
 [原料アルコール]     明利酒類アルコール
 [精米歩合]        53%
 [日本酒度]        +3.0 ~ +5.0(辛口)
 [アルコール度数]     15度以上16度未満
              720ml;1,380円

◎立山酒造 季節限定酒:無濾過 特別純米 生原酒「立山」


 ほのかな芳醇香と、純米酒でありながら軽快な旨味の、魚料理にぴったりのお酒です。
 アルコール度が普通のお酒より少し高いので、ロックか又は充分冷やしてお召し上がり下さい。

 「無濾過生原酒」は製造過程で活性炭による濾過をしない「無垢之酒(むくのさけ)」です。  活性炭を使用しない”成分無調整”の酒は品質管理が難しいことから「酒蔵」でしか飲めない」とされていますが、「無垢之酒」の特徴は、       1) 加熱殺菌をしない「生酒」である
       2) 水で割らない「原酒」である
       3) 活性炭で殺菌しない”無調整”であること
の3点です。
 生酒や原酒は、これまでも大手酒造メーカーなどが商品化していますが、地酒メーカーでは、活性炭を使わない成分無調整を強調して、独自性を打ち出しています。
 通常の日本酒は製造過程で、品質を安定させるため3回活性炭を入れ、微生物や酵素などを取り除きますが、「無垢之酒」は活性炭を使わないため、 酒のなかに微生物や酵素が残ります。通常の日本酒と比べ厳しい品質管理が必要ですが、通常なら取り除かれてしまう微生物や酵素が、酒本来のうまみや香りとして残ります。
 「無垢之酒」は純米酒で、酒造りの最終工程である圧搾の際に、最初に出てくる「あらばしり」という部分だけを瓶詰めします。「あらばしり」は華やか香りと軽快な味わいが特徴で、わずかに発泡性があり、春に 飲む日本酒として適していると言われます。
 立山酒造の季節限定商品です。
 2018年6月14日発売(年に1回のみ

 [原料米(麹米)]  兵庫県産米「山田錦」
 [原料米(掛米)]  「山田錦」、「五百万石」
 [精米歩合]     59%
 [日本酒度]     -1.0 ~ +1.0
 [アルコール度数]  16度以上17度未満
           720ml;1,130円

◎立山酒造 季節限定酒:生貯蔵 特別純米酒「立山」


 厳選された良質の酒造好適米である山田錦と五百万石を使用して、丁寧に醸した特別純米酒です。
 ほのかな芳醇香と純米酒でありながら軽快な旨味が特長です。魚料理にぴったりのお酒です。
 立山酒造の季節限定商品です。

 [原料米(麹米)]  兵庫県産米「山田錦」
 [原料米(掛米)]  「山田錦」、「五百万石」
 [精米歩合]     59%
 [日本酒度]     -1.0 ~ +1.0
 [アルコール度数]  16度以上17度未満
           720ml;1,130円

◎銀盤 特別純米 「剱岳」発売


 2017年9月1日銀盤酒造の新商品発表会があり、元プロボクサー・亀田興毅さんも出席し、 約40種類の新商品を関係者にPRしました。
 北アルプス北部を代表する名山、剱岳。
古くから信仰の山として、人々に崇め、恐れられ、近づくことさえためらわれました。
 降り積もった雪が万年雪となり、それが歳月をかけて、自然に濾過され、ミネラルを醸成させて湧出する清冽な伏流水をはじめ、 黒部の清らかな空気、気候は酒づくりに欠くことが出来ません。
 そんな自然の恵みに感謝と尊敬の意味を込めて醸した清酒「剱岳」もお披露目されました。


 米と水だけから醸した純米酒です。
 淡麗ですっきりとしたキレの良いお酒に仕上がりました。

 特別純米 「剱岳」 720ml
  【 原 材 料 】: 米(五百万石 国産)、米こうじ(国産米)
  【 精 米 歩 合 】 :60%
  【アルコール分】:15度
  【 販 売 価 格 】 : 1,080 円

おすすめ

◎『うおづのうまい水』が「2017年モンドセレクション」の最高金賞を受賞

 『うおづのうまい水』は初出品で、「ビール、水およびノンアルコール飲料部門」で最高金賞を受賞しました。 ( 2017年4月12日 )
同時に出品した富山市の「とやまの水」、高岡市の「高岡の水」、射水市の「いいみず いみず」も金賞を受賞しました。
 「とやまの水」は12年から6年連続、「高岡の水」は15年から3年連続、「いいみず いみず」は2年連続の受賞で、とやまの水と 高岡の水はともに「インターナショナル・ハイクオリティー・トロフィー」も獲得しました。授賞式は5月29日にマルタの 首都バレッタで開催されました。

 「うおづのうまい水」は超軟水で、硬度は 48 mg/L です。


 魚津市内を流れる片貝川流域の地下水を使った『うおづのうまい水』は500ml入り120円で、魚津市水道課が 市役所水道課・市民課・市水族館・市埋没林博物館・海の駅「蜃気楼」・北陸自動車道有磯海SA下り ・電鉄魚津駅前観光案内所・あいの風とやま鉄道魚津駅地場産品販売所ミラマルシェなどで販売しています。




 魚津市の上水道は全量を、片貝川に沿った8本の“深井戸”(道坂第2~第5、横枕第1~第3、貝田第2水源)から 汲み上げて使用しており、地表の影響を受けにくく、渇水の心配もなく、水質は良好で特に浄水処理を 必要とせず、塩素による消毒のみで供給されています。
この水を加熱処理してボトル詰めしたものが、『うおづのうまい水』です。



 越中の国司で万葉の歌人 大伴家持は、魚津を訪れた際に、『 片貝の 川瀬の清く 行く水の 絶ゆることなく あり通い見む 』と詠むなど、片貝川の水は古来より清流として知られ、今も受け継がれる自然の恵みと言えます。

◎本江酒造:吟醸生原酒 北洋「袋吊」


 本江酒造より、吟醸生原酒 北洋「袋吊」が発売されました。
 「袋吊」は酒袋に詰めた醪をそのまま宙に吊り、滴り落ちる雫のみをとったお酒です。 その味は芳醇にして力強く、香りは甘く華やかです。
 この滴り落ちる原酒に、なにも加えず、なにも引かずの生原酒です。
 [原料米]  富山県産米「雄山錦」
 [精米歩合] 60%
 [アルコール分] 17度
 [日本酒度];+5.0(辛口)、[酸度];1.4
       720ml;1,650円

おすすめ

◎立山酒造:洋食にも合う日本酒 立山 無濾過特別純米原酒 ≪イタリアンラベル≫


 日本海酒販より立山酒造の、立山 無濾過特別純米原酒 ≪イタリアンラベル≫が発売されました。
 原料米に新潟県産五百万石を100%使用。芳醇で上品な甘さを持つ特別純米原酒をベースに、生もとの程よい酸味が調和した新しい形の純米原酒です。
 純米原酒の旨みが魚介類に、程よい酸味がお肉料理にぴったり。多彩な洋食と響き合う「口福」をお楽しみ下さい。
 [原料米]  新潟県産米 五百万石 100%
 [アルコール分] 18度以上19度未満(純米原酒)
 [日本酒度];+1.0、[酸度];1.9、   720ml;1,800円

数量限定

◎富山の地酒:北陸新幹線W7系ラベル 好評発売中

 富山県酒造組合と北陸酒販から、北陸新幹線の開通を記念して、富山の地酒14種類の北陸新幹線W7系ラベルが新発売されました。
 本江酒造  北洋 純米酒    270ml詰;463円
 皇国晴酒造 幻の瀧 純米吟醸  270ml詰;537円
 桝田酒造店 満寿泉 純米吟醸  270ml詰;600円
 北陸発酵  早月川       300ml詰;648円

◎本江酒造の古酒:『薔薇の名前 2003』 新発売
   「IL NOME DELLA ROSA :イル・ノメ・デラ・ローサー」

 本江酒造から、瓶内熟成を前提に醸造された淡い琥珀色の古酒が新発売されました。
 バニラやシュークリームを思わせる甘い香りが豊かに立ち上がり、クリーンな酸味が爽やかな、味わいです。チーズやクラッカーとの取り合わせが絶妙です。お肉料理や中華料理に合うお酒です。
 冷蔵庫で3時間以上冷やしてお召し上がり下さい。
   純米古酒酒8年    360ml詰;800円
   [原料酒米] 米(雄山錦)・米麹(国産米)
   [精米歩合] 60%
   [日本酒度] -7.5
   [酸  度]  2.4
   [アルコール分] 14度以上15度未満

◎のんでみられ、滑川の地焼酎

 栄養塩を多く含み、ミネラルのバランスも良い富山湾滑川沖の深層水と立山山麓水系の早月川の伏流水で仕込んだ 富山の地焼酎です。
  720ml;1,298円





 女優・室井滋さんが富山弁で書いた絵本「チンチンボンボさん」(絵本館刊)が、2015年7月全国で発売されました。
 「チンチンボンボ」は、富山弁で「肩車」を意味し、肩車が大好きな甘えん坊の男の子と、そのお父さんが主人公。

 週刊文春に連載も書いている、富山県滑川市出身の室井滋さんの新刊『すっぴん魂 大全 紅饅頭』と 『すっぴん魂 大全 白饅頭』が文芸春秋より2010年3月発刊されました。

 室井さんも滑川の地焼酎「早月川」を応援しています。

◆越中富山のお酒のおいしいわけ

■ いいお米を全国一たっぷり使っています。酒造好適米の使用率は80%以上で全国平均20%を大きく越え、このことがお酒に独特のまろやかな風味を醸しださせています。
■ 米を磨きあげて使います。米は磨けば磨くほど、酒は旨くなります。
■ 清く冷たくおいしい伏流水3000m級の北アルプス立山連峰から流れ出る豊富な雪解け水が、花崗岩地帯をながれ、 地下にしみ込んでゆく中で浄化され、スカッとして厳しい富山の酒の味の元になります。

◆お米の代表的な品種


(未成年者の飲酒は法律で禁止されています。また未成年者にお酒を販売する事は出来ません。)

更新情報・お知らせ

2018/07/08
最新版公開。NEW
2015/10/31
ホームページ 第2版 リニューアル。
1997/07/28
ホームページ 第1版公開。