医薬分業アンケート


当クリニックは皆様のご健康を心から願っており、医療サービスの向上を常に心がけています。今後のご参考とさせていただきますので、アンケートにご協力お願い申し上げます。



1)医療機関で薬をもらうとき、どのような説明をしてほしいですか?(複数回答可)

a.薬の名前 b.薬の効果 c.薬の使用法
d.薬の副作用 e.薬の保管法 f.特にない
g.その他


2)「医薬分業」という言葉を新聞、テレビ、雑誌その他で聞かれたことがありますか?

a.ある b.ない


3)「医薬分業」とは、ドクターの診察を受けた後、薬の名前や、量を記入した「処方箋」が渡されます。これを持って町の薬局へ行き、薬を受け取るシステムのことをいいます。これをご存じですか?

a.よく知ってる b.だいたい知ってる c.知らない d.その他(


4)薬害エイズ事件では、患者さんはエイズの危険性を知らされずに、非加熱製剤を注射されていました。これに限らず、あなたは薬物治療を受ける際、副作用の説明を聞き、納得の上で治療したいですか?

a.納得の上、治療したい b.副作用は知りたくない c.ドクターにすべて任せる
d.その他(


5)町の薬局では、薬剤師が薬の効能や副作用を詳しく説明することになっています。これを「服薬指導」といいます。これをご存じですか?

a.知っている b.知らない c.その他(


6)町の薬局では、薬の内容を患者さんごとに記録して、薬剤アレルギーのチェックなどで、健康管理の手助けをしています。これを「薬歴管理」といいます。ご存じですか?

a.知ってる b.知らない c.その他(


7)数年前、ソリブジン事件(飲み合わせの悪い二種の薬をそれぞれ別々の病院で投与された)で多数の死者が出たことをご存じですか。(医薬分業が進むと、薬の飲み合わせがチェックでき、副作用の危険性を減らすことが出来ます。)

a.知っている b.知らない c.その他(


8)国は、薬の安全性を確保し、医療の質を向上させるため、「医薬分業」を積極的に推進しています。これをご存じですか?(当県ではすでに大学病院、国立病院などで導入されています。)

a.知ってる b.知らない c.その他(


9)国は、「医薬分業」が普及すると薬の過剰投与がなくなり、医療保険の赤字削減に寄与すると考えています。

a.そう思う b.そう思わない c.理解できない d.その他(


10)当クリニックでは、薬の「安全性」と「情報公開」のため、今年の9月12 日より医薬分業します。

a.よいことだと思う
b.二度手間だが、よりよい医療のため、やむを得ない
c.理解できるが、二度手間はいやだ
d.その他(


アンケートにご協力ありがとうございました。