Welcome to Nouetu 7'th Bridge Home Page!
 能 越 7 号 橋 

Sorry Japanese only.

開かれた工事現場をめざして 

上部工(1,2,3工区)工事は、H9.12に完成しました。たくさんのアクセスありがとうございました。
今後は、工事記録としてこれまでの写真1、2、3をご覧下さい。
また、トピックスで最新情報をお知らせいたします。

[1工区]写真  [2,3工区]写真

    目  次 
 
 
1工区完成(9/12の写真)

   ・ごあいさつ     ・トピックス

   ・能越自動車道

   ・能越7号橋

   ・工事概要.手順&現場写真

   ・メールをよろしく

   ・リンクのページ
 
 これまでの写真1
   ←Click here!

 
 

2工区完成(12/12の写真)
 

 
 

3工区完成(12/12の写真)
 
これまでの写真2←Click here!
これまでの写真3←Click here!







 ・ごあいさつ 

 能越7号橋・橋梁架設工事現場のページです。
 開かれた工事現場をめざして、出来るだけ多くの方に工事現場を見ていただきたいと思っております。
 しかし、たとえ興味があっても、実際に来られる人は少ないと思います。
 そこで、工事現場に来られない方々にも、橋がどのような手順で、どのようにかかっていくのかをご理解戴けるように、このページで出来るだけ毎日、工事現場の写真を載せながら最新工事現場の様子をご紹介していきたいと思います。





  

 ・能越自動車道 ←Click here!

 能越自動車道は、富山県の北陸自動車道小矢部砺波ジャンクションから、高岡市・七尾市付近を通り、能登有料道路を一部利用して輪島市へ至る約100kmの道路で、能登地域や富山県西部と北陸自動車道、東海北陸自動車道などの高速自動車道路網とを直結する自動車専用道路(有料道路)です。
 この工事現場はこの中の田鶴浜道路と呼ばれる約6km区間にあります。





    

 ・能越7号橋 ←Click here!

能越7号橋は、能登有料道路徳田大津ジャンクションと田鶴浜トンネルを結ぶ橋梁です。そして、田鶴浜道路で一番長い橋梁です。橋の長さは、514mあります。

■能越7号橋概要 
構造形式:9径間連続RC中空床版+3径間連続鈑桁
      +2径間連続鈑桁×3+非合成単純鈑桁
橋  長:L=514.0m
幅  員:W=10.0〜35.1m
総事業費:約3,400百万円
工  期:平成3年4月〜平成9年12月





  

 ・工事概要.手順及び現場の写真 ←Click here!

平成7年〜8年度で、2径間連続鈑桁が2つと非合成単純鈑桁が完成しています。

今年度、残りの部分を次の3工区に分けて工事をしています。

 ・能越7号橋橋梁整備工事(上部工1工区):コンクリート9径間

 ・能越7号橋橋梁整備工事(上部工2工区):鋼桁3径間

 ・能越7号橋橋梁整備工事(上部工3工区):鋼桁2径間


 








アクセスありがとうございました。
あなたは1997年4月1日以来このページにアクセスした番目の方です。
アクセスの記念にぜひ一言お願いします
※Microsoft Internet Explolerで御覧の方は上をクリックしてください。
※下のフォームを参考にして、文面を作成してから送信してください。

氏  名:
E−mail: 
Message: 匿名でもかまいませんから、ぜひ一言お願いします。
  ※メッセージありがとうございました。



企画・制作大 森 義 弘

〒926 石川県七尾市本府中町ソ-27-9

石川県七尾土木事務所

建設第一課 能越道係 課主査