生物の多様性を学ぶ,多様性から学ぶ
2008年5月29日
ゼミ担当教授:川幡佳一
報告:尾形正宏
なんとなく乗り気ではない水生昆虫の観察

 ゼミの第1回目は,浅野川中流域(ジャスコ杜の里付近)の水生昆虫観察です。
 私は,この水生昆虫観察って,昔からなぜかあまり好きではなかったのです。
 自分では,それがなぜなのかわかりませんでした。ただなんとなく,「カゲロウがいるから…」とか「トビゲラがいるから…」とかで川の汚れを判断することに,なにか腑に落ちないものがあったのです(これがなぜなのかは,このゼミが終わった時に,分かったのです)。
 でも,まあ,とにかくせっかくの機会です。あまり乗り気ではない中,長靴をはいて川に入っていきました。川は昨夜から午前中までの雨のせいで,ちょっと水かさがあり,川の中央まで入っていけません。
白いトレイ しかし,石をめくり白いトレーの上に置いて表面をそおっとこすると,いろいろな動物がトレーの上でうごめいています。何なのかわからないけれど,プラスチックのビンに入れていきます。

大学の実験室で分類学と観察
系統図  30分ほど採集したら,大学の実験室に行きました。
 そこでは,生物の分類の話や進化の話,あるいは参考図書の話などをお聞きしました。
 ここでは,
・リンネの分類…界門綱目科属種
・最近はもっと細かくなっている
 私の「ほ乳類とかの言い方について」の質問に答えて,
・「類」というのは,どんな段階でも使える便利な言葉。これも科学の言葉と言ってよいが,どの段階なのかを知っている必要がある。
・「昆虫」というのもありえるし,「節足動物門・六脚亜門・外顎綱」という言い方もある(だったっけなあ?)。
ということも教えてくださいました。う〜ん,来た甲斐があった。
 さて,いよいよルーペや実体顕微鏡での観察です。
 カゲロウの幼虫やユスリカの幼虫,トビケラなどがいました。プラナリア(扁形動物門)もいて,初めて動いている本物をみました。メチャクチャかわいかったです。
 どんな生き物がいたのかは,下の学級通信を読んで下さい。

「学級通信」でゼミの紹介(生物の多様性を学んだよ)
「生物の多様性(たようせい)」を学んだよ − 金大連携(れんけい)ゼミに参加してきました −
 私事(わたくしごと)で恐縮(きょうしゆく)ですが(いつもそうだろ〜<カゲの声)>,今年,「金大連携ゼミ」というゼミ形式の研修を受けることになりました。わたしの参加しているゼミは「小中理科実験ゼミ」といって,金沢大学の先生たちに科学の観察・実験の基(き)礎(そ)となる(というか応用となる?)内容を教えていただきます。その研修は,月に1回くらい(主に木曜日に)あるので,当日の3時間めからは自習になります。1年間,ご迷惑(めいわく)をおかけします。
 それで,なるべくクラスのみんなにも,私が大学で習ってきたことを伝えてあげればいいのですが,小学生レベルの話になおすのはなかなか難(むずか)しい…。
 でも,今回は,「水生生物の観察と生物の分類分け」の話だったので,どんな生物がいたのかだけでも紹介(しょうかい)しておきますね。

浅野川の中流域にいた生物

 ジャスコ杜(もり)の里の近くの浅野川の中に入って,石を裏(うら)返(がえ)し,そこに付着している小さな生き物を採集(さいしゆう)して金大の生物実験室へ。生物の多様性(この世の中にはいろいろな生き物が住んでいるんだよということ)を感じ取れる場所として,川の水の底というのはとてもよい教材になると実感。
 では,どんな生き物がいたのかを簡単(かんたん)に紹介します。
■カゲロウの幼虫
 カゲロウというのは「蜉蝣」とも書きます。川にいるのは幼虫。この幼虫は2〜3年水の中で生きていますが,成虫(弱々しいトンボみたい)は,なんと数時間で交尾(こうび)をし卵(たまご)を産んで,エサを食べることもなく死んでしまいます。そこで「はかない命」の代表として昔から「カゲロウ」がよく取り上げられます。
 が,大学の教授曰(いわ)く。
「大人になったときの命だけに注目していいのだろうか。幼虫の時は2年も生きているんですからね。これはセミも同じですことです。幼虫の時もしっかり生きているんです。」
 さすが教授,目の付け所が違う。
 わたしはこれを,
「小学生でも,毎日,イキイキと生活すること,一生懸命生きることが大切ですよ」
と教えてくれるように感じました。
「大人になって仕事をしている時だけが人生ではない。あなたの人生はもう立派に始まっているのです」
ってね。
トビゲラ■トビケラの幼虫と成虫
 川の石をめくると,小石を糸みたいので寄(よ)せ合(あ)わせた固まりが見つかります。その中には,こいつがいました。実体顕微鏡(メダカの勉強の時,小学校でも使いますよ)の画面をデジカメで撮(と)ってみました。ちょっと画像(がぞう)は悪いのですが,見えないこともない…。
 くっついている小石をぐちゃぐちゃ分解(ぶんかい)している間に小石の間から羽化(うか)直後の成虫も出てきました。先生は
「刺激(しげき)を受けて急に羽化することがよくある」
とおっしゃっておられました。
 それにしてもあまり気持ちのいい姿(すがた)ではない…。
■ユスリカの幼虫とサナギと成虫
ユスリカ これが一番たくさん見つかりました。肉眼(にくがん)ではイトミミズのようですが,体はしっかりと節に分かれております。幼虫の時に体を揺(ゆ)すっているから「ゆすり・か」と呼ぶそうです。初めて知った…。
プラナリア■プラナリア
 おもわず,「おお〜,私はあなたに会いたかった〜」と叫(さけ)んだのがこのプラナリア。体長は8〜20mmくらし。体は平たくてのびちぢみしヒルに似(に)ているが,かわいい目が二つある。水温の低いきれいな水に生息します。
 これホントにかわいいんですよ。ヒルもいましたが,似(に)て非(ひ)なる生き物。見ていて飽(あ)きません。高校生の生物の教科書には「半分に切っても再(さい)生(せい)する生物」の例として載(の)っていますよ。
■ミズムシ
 ミズムシと言っても,あの足にできるかゆい皮(ひ)膚(ふ)病(びよう)ではない。ダンゴムシの仲間のひとつ。足がたくさんあって,苦手な人には苦手な姿ですね。

キャンベル生物学 最後に先生が紹介された専門書は『キャンベル生物学』という分厚い本。なんと,定価1万5000円也。『日本産水生昆虫』にいたっては3万3500円以上もする。私の小(こ)遣(づか)いでは買えませんなあ。
 一度,宇出津の川の石でもひっくり返してみますかね。

 イラストは
「川崎市公害研究所HP」(http://www.city.kawasaki.jp/30/30koken/home/kankyou/kawa/sheet.htm
より転載しました。


ハタと膝を打った最後のお言葉…来てよかった!!
 川幡教授は,最後に次のようなことを述べておられました。
・川に入って生き物を観察する。このとき,生物の多様性に感動しながら観察することが大切なのに,環境教育の一つに使われるのは変ではないか。
・例えば自由研究の一つにしてしまっていて,たくさんの生物を見るというより指標生物になってしまっている。どういう種類の生き物がいついたとか…。
・豊富な研究の成果があるのに,生き物がいたことを点数化して表したりしているのが変だと思う。
・豊富な内容(生物の多様性)を貧弱(指標生物のみ)にしないでください。

 私はこれを聞いて,
「そうだ,オレのもっていた水生昆虫観察の違和感というのはここにあったのだ」
と気づかされました。

環境に適応しながら生きている生物のダイナミズムこそ,子どもたちに伝えたい
 たくさんの生き物が,それぞれの環境に合わせて住んでいます。一生懸命生きているんです。
 それは,きれいな川であろうが,汚れた川であろうが,いろんな生き物がその環境に適応しながら進化してきた証であり,その一端を私たちは見ているのです。「生物の多様性」を大いに感じた後で,指標生物の学習をするのならばいいのですが,どうも環境教育と称して行われている水生生物観察は,そうとは言えません。
 川幡教授は,割と遠慮気味にこのような自分の考えを言っておられましたが,私はく研究者としての強い思い>と受け止めました。
 今回のゼミは,環境指標生物としての水生生物を学んだのではなく,生物の多様性を感じるための学習だったのです。
 ホントに,行ってよかったと思った会でした。
 帰りは,車の中でも興奮していました。いい視点を与えてくださいました。

  ホームに戻る    次回の報告    連携ゼミの目次に戻る