「江戸狂歌」を読んでみませんか


江戸時代の粋な文学の一つに「川柳・狂歌」があります。「俳句・短歌」と聞くと,「ちょとオレには関係ないね」と思う人もしばしつきあってくれ珠恵(いい変換だ)。
正月に読んだ本の中から,気に入った狂歌を集めてみました。男女の恋心から,季節の歌まで,なかなか味わい深いものが含まれているとは思いませんか。

●出典は『日本古典文学大系57 川柳 狂歌集』(岩波書店)です。ボクは珠洲の図書館から借りてきて読みました。

・つかわれて骨は折れても腹たてなうちわと聞ば他人ではなし(巴人集)
特和歌後萬歳集 巻第1
・又ひとつ年はよるとも玉手箱あけてうれしき今朝のはつ春(もとの木網)
・をそろしきとらの年の尾ふみこえて光のどけき玉の卯の春(花道列禰)
・蝶ととび千鳥とふれる淡雪のこよいはとまれ七くさの葉に(棟上高見)
・さく花を何にたとへん飛鳥山きのふの雲はけふ雪とふる(逸咀英)
・つけば散るつかねばすまの山寺のさくらにめでゝおそき入相(竹杖爲輕)
・相性は金生水と思はるゝ水にうつりし山吹のいろ(子子孫彦)
巻第五 
・諸共にあはれと思へお月さま國のなじみはおまえばかりじゃ(庭 桃丸)
巻第六 哀傷歌
・すかし屁の消易きこそあはれなれはかなき物と思ひながらも(紀 定麿)
巻第八
・ちぎられぬ物とはいまぞしるこ餅一本箸のかた思ひにて(手柄岡もち)
『天明新鐫五十人一首 吾妻曲狂歌文庫』より
・たのしみは春の櫻に秋の月夫婦中よく三度くふめし(花道つらね)


おまけ 「ボクの尊敬する某研究家の封筒に書いてある都々逸など」
・可愛ゆけりゃこそ七里もかよへ 憎くて七里が通わりょか
・親の意見とナスビの花は 千に一つの無駄もない
・いつまでもあると思うな親と金 ないと思うな運と災難
・いやな座敷に居る夜の長さ なぜか今宵の短さは
・あなたの体を二晩借りたよ 祇園の町で(森野石松)
・御貴殿の心ひとつでこの剃刀が 喉へゆくやら眉毛やら
・枕出せとはつれない言葉 そばにある膝知りながら
・顔見りゃ苦労を忘れるような 人がありゃこそ苦労する
・宵に時計を進めた罪に けさは別れが早くなる
・止めるそなたの心より 帰るこの身はなおつらい
・夢に見るよじゃ惚れよがうすい 真に惚れたら眠られぬ
・これでお主と添えないならば わたしゃ出雲へあばれこむ
・遠く離れて逢いたいときは 月が鏡になればよい

 遊びの目次に戻る 都々逸を楽しむ 狂歌・川柳に関する本