と言うようなわけで、メインのお仕事も無事終わり、昼メシですよん^^

なんか疲れてどうでもいい感じだったので、だーれもいない薄暗いイタリア料理屋にエミコさんと行きますた。

うっ!カンガルーのヒレステーキが! しかも結構いい値段。
てか、これを喰わなきゃGUREとしてちょっと問題あるでしょ。

なんとなく”バラムンディー”ってのにも心惹かれるものがあったんだけど、
まあここはネームバリューの差ってやつで。



はーい。来ましたよ。カンガルーステーキ。





硬い。臭い。ソースが甘い。
どうりで注文した時ウエイターが"KANGAROO!?"と聞きなおしていたわけだ。

何でまずいのかわかんなくて、「なんでだろう?」って好奇心だけで次々喰っちゃう恐ろしさ。

久しぶりに「心のマズい箱」に収納。もう絶対、二度と喰わない
ついでに言えば付け合せの焼き野菜な、半生だったぞ!




ハムは美味かったが、これは単に製品を切るだけなので決してコックの手柄ではない

でもまあビールが美味かったので許す




で、G.A.S.主催のさよならパーティー。倉庫を利用して、バンド呼んで午前2時まで大騒ぎ。
大体G.A.S.の連中は悪ガキがそのまま大きくなっちったってのが多いから、怪しさ満点^^;



若い連中は隅で小さくなってて、いい大人が真ん中でビール片手に大騒ぎでっす^^



あっ!リチャード・マーキス大先生。
13年前、富山の学校でワークショップをしてくれた。

あたくしのモザイクテクニックは、ほとんどこの人から教わったものでっす。
ワークショップに参加した方なら判ると思うけど、自分が「ここは絶対こうしてネ」
と言うところ、それはこの大先生から教わったことなのでした^^;

「あなたから教えを受けたお陰で、ここまでのモノが出来るようになりました。ありがとう!」と
「寶づくし玉」をみせたら、「おお、スゲエじゃん!」と、親指を立ててくれましたとさ^^
ちなみにその「寶づくし玉」は、ここに来ていたコレクターのおっさんに250AS$で売れてしまいますた。



ビィ〜〜〜ル。これはクーパーズのペールエール。激美味^^
日本でも手にはいるので買っては見たんですがね、やっぱ船で赤道越えるとダメですな。
醗酵が進みすぎるのか、泡が立たない。生は地元で。これ鉄則。



ハァ〜〜〜ンプレミアムラガー。日本では入手出来まへん。一生懸命探したんだけど・・・。
これは美味いっす。なんていうか、通の味。日本のラガーと違って苦味が少なくフルーティー。
これが気に入って、1日6本は必ず飲んだ。おかげで酒屋のおっさんと仲良くなっちった^^;

ちなみにオーストラリアでは「リカーショップ」でなく「ボトルショップ」と言います。
初日リカーで探し回って無かったもんだからホテルの高いのを飲みますた。
で、ボトルショップで探したらホテルの4件先。ドッカリ買って来ましたよ。



1日余裕を取ったので、なんとなく観光したんだけど普段からそんな趣味なんかこれっぽっちも無いので、
歩き回っただけみたいな変な観光ですた。美術館・博物館も見ましたが、まあこんなもんか

おみやの買い出しもしたんですがね、無いんですよ、メイドインオーストラリアが^^;
みいんなアメリカか中国の製品。変なマグとか、うっすいTシャツとか、スノーボールとか。

勘弁しろ^^

あ、でもセアカゴケグモモチーフのグッズはすげー変で気に入った。買うほどじゃなかったけど。





今回やっと最終日に喰えたステーーキ。オージービーフなので安心。でも高い。30AS$なら
倍喰えるぞ、アメリカで、BSEビーフなら。だけど^^




さ、家に帰ろっと。って、ヒコーキが朝6:05発。3時半に起きた。普段なら寝る時間だぞ!!
「明日は早いので、4:30までにチェックアウトにこなかったら起こしてください。
空港までのタクシーを呼んでください。」と、前の日にフロントにメモを渡しておいたら
4時に電話をかけてきて、恐ろしくなまったオージーイングリッシュで「起きた?」と聞いてきた。
あせって思い切り眼が覚めた。タンキューマイト。

朝っぱらお世話になったのでチップを渡そうと思ったら、「いらないよ」。
オーストラリアは基本的にチップは不要って事をその時知った

道理で1AS$の紙幣が無いはずだ。



空港。朝っぱらすぎて誰もいない。5時なのに。

で、アメリカに帰る組みが6時のシドニー行きにわいわい乗ってました。
エミコさんや、なぜかGASの参加証をつけたオバサンや。
いきなり肩をたたかれてなんじゃと振り向いたら、"Good demo!! Thanx!"
うれしい限りですな^^



未だ暗い中歩いて飛行機へ。



で、日本行きに乗り換え。ガラガラ。2席を悠々と使って成田へGO!



おまけ。多分グアムかサイパン。ってなわけで、おしまいでっす^^

戻る