〜 ガラス乞食の独りでGO 〜



ってなわけで、今回も重いっす^^;

世界一安全なカンタス。今まで人を殺めた事がないだけあって安心安心。
カンタス。それはオーストラリアの心意気」のロゴも神々しい。

まるで"MILKY.Taste like your mother" 「ミルキーはママの味」みたいだ。



で、JAL・カンタスを利用したんだけど、行きのJALであの森伊蔵をゲット!
しかも3000円。幸先良いのか?



とかいっときながら、昼飯はマックだったりする^^;
これはMcOZ。オーストラリア限定なんだけど、まあそれだけの代物だった。
さて、このMcOz。 中にはオーストラリア名物のひとつ・ビートルートなるものが入っています。

だからなんだよ、って感じでしたが。

アメリカに比べると、食い物が小さくて高いような。まあ1AS$=80円だから
感覚的なもんだけど、根っこがイギリスだからなのだろうかと根拠無く思ったりする。



さあ、オープニングセレモニーですが、実に怪しくISGBとは大違いで立ち飲み・立ち食いの
屋台ものオンリー。花の無い花見状態。早速日本人が固まってリトルトーキョーをつくってますた。

で、ビールクーパーズ。美味い。激美味!!1杯4AS$で10杯以上飲んだ^^;
オーストラリアのビールは醸しに手間が掛かってて玄人好みで最高。

とはいえ、デモンストレイターのワッペンをつけているといい具合に酔っ払った奴らから
おまえなにやるんだいつやるんだどこでやるんだどこからきたんだめいしくれ
と同じ質問の嵐。おかげでこの答えの英語は超上手くなっちった。当然もう忘れたが。

いつ英語で話しかけられるかわからんという緊張感で、飲んでも飲んでも酔わない。
変わりに新陳代謝がよくなって汗まみれ&自然が呼びまくり。



さあ!女性の皆さん。下品なおばはんにでもならない限り絶対に見る事は無いであろうオーストラリアの
男トイレ。俺ら世代には懐かしい、ナイアガラ式。ステンレス製で実に美しい。この滝に向かって横一列に
並び用を足すわけだが、いやー、目の前が広くて爽快ですな。こうなると女トイレがどうなのかつーことに
実に興味がありますな^^



正面奥からハイアットリージェンシー、24時間営業のハンバーガー屋。これがホテルの正面にある。
ホリデイインに泊まったんだけど、会場に近くて最高だった。ただし、前の通りはモロに繁華街で
飲み屋やらストリップやら酔っ払いが路地でぶっ倒れてるやらで実に香ばしくあたくし好みでした。



部屋のテレビでネットが出来るんだけど、見ての通り大文字化け大会。でも、なんとなく感動ですな。
あたくしが名刺渡した連中は、みーんなこれと同じものを見てると思うと、世界は狭いなあと。



次の日。抜けるような青空。マジで雲ひとつ無い。どのくらい無いかと言うと、高度10000メートルで
飛んでいる飛行機から下を見ると車が走ってるのが判るくらい無い。実に爽快な天気なんですがね、

この日会場のコンベンションセンターで喰ったこれがね、9As$もしたんですがね、いや、ちょっと見
カレーでしょ?「あぁ、メシにビーフシチューでもかかってるんだろ」と思ってね、買ったらね、











ある意味グロ画像。腹いっぱいの人は見ないでネ^^

















全部肉なんだわ。野菜とか一切無し。しかも身をよじらんばかりにくどくてマズい。多分アクすくってません
今回こんなのばっかりに当たっちゃってもう何がなんだか。

まあビールが激美味だから全てを許すけど。




インターミッション

にらめっこゲーム


1. 口いっぱいに牛乳を含み、モニターに顔を近づける。

2. ここをクリックする。

3. モニターが無事なら勝ち




次へ→