Yahoo!China 中国雅虎(ヤフーチャイナ)

 Yahoo はヤフーチャイナの株式を44%保有しているが,企業支配権は中国のインターネット企業である阿里巴巴(アリババ)が保持しており,アリババが実質的にヤフーチャイナのサイトを運営している。
 2007年8月,日中・中日翻訳サービスを開始。 翻訳ソフトなどを販売する高電社が,翻訳ソフト『j・北京』の翻訳エンジンをオンラインで利用できるようにしている。

 2007年1月,IFPI は Warner Music Group,Sony BMG,Universal Vivendi などを含む複数のレコード制作会社の代理として訴訟を起こした。 ヤフーチャイナは同社の検索エンジンと,U2やDestiny's Child といったアーティストの楽曲の違法コピーを掲載しているウェブサイトとをリンクさせることによって著作権を侵害したと主張した。
 2007年4月には北京の下級裁判所がヤフーチャイナは著作権の侵害を助長したという判決を下し,ヤフーチャイナはこの判決に対して上訴し,自社のウェブサイトの外部に置かれているコンテンツに対して責任を問われるべきではないと主張。
 2007年12月,北京の裁判所はヤフーチャイナが海賊版の音楽をダウンロードさせることによって著作権法に違反したとの判決を支持した。



戻る 『中国』最初のメニュー