Boot Camp ブートキャンプ

 Apple Computer の Intel 製 CPU を搭載した Intel Mac 用の Windows XP 導入支援ツール。 Intel Mac 上に Mac OS X と Windows XP のデュアルブート環境を構築する。 Windows XP のインストールには,Service Pack 2が適用されたフルインストール版パッケージが必要。
サイト:http://www.apple.com/macosx/bootcamp

 2009年10月22日,対応 OS に Windows 7 を追加すると発表。


アップルβ版
 2006年4月5日発表の,Intel CPU 搭載の Macintosh で Windows XP が起動できるツール。 Mac OS X を10.4.6 にアップデートする必要があり,Windows XP の Home Edition または Profesional で,SP2 適応済みのフルインストール版を用意する必要がある。 インストールするパーテーションを NTFS ではなく FAT にしておくと Mac OS X 側からも見えてファイルが共有しやすい。


v1.0.1
 2006年4月公開,サポートされる OS は,Windows XP SP2 Professional/Home Edition のみ。


v1.1
 2006年8月15日公開。 動作には最新のファームウェアを適用した Intel Macと,Mac OS X 10.4.6 以降のシステム,10GB 以上の空きディスク領域と1枚のブランク CD-R が必要。 デュアルブート対象は v1.0.1 と同じ。 Mac Pro に対応し,Intel Mac 全機種での動作をサポート。 新機能としては,Windows XP を任意の内蔵ハードディスクへインストール可能となったほか,内蔵カメラ(iSight)と無線LAN(AirMac)のWindows XP用ドライバが追加された。 Apple Keyboard のサポートも改良され,右クリックを Command キーで代用できるようになるなど操作性が向上。 オーディオ出力未使用時にLEDランプが点灯する問題や,Windows と Mac OS X の間で内蔵時計が同期しない問題も解消されている。


Boot Camp Beta v1.1.1
 2006年9月15日発表。 Windows XP 用のドライバを収録した『Macintosh Drivers CD』の内容を一部更新。 Intel Core 2 Duo 搭載の iMac と,マイナーチェンジされた Mac mini に対応し,Bluetooth デバイスのサポートが改善された。 サポートされる OS は Windows XP SP2 Professional/Home Edition。 配布されるディスクイメージのファイルサイズは約186MB,動作には最新のファームウェアを適用した Intel Macと,Mac OS X 10.4.6以降のシステム,10GB以上の空きディスク領域にブランク CD-R1枚が必要。
 ライセンス有効期間は,AppleがBoot Camp の正式版をリリースするまで,または2007年9月30日までのいずれか早い方。


Boot Camp 1.2 beta
 2007年3月公開。 Windows Vista 32bit版に対応。 主な変更点は,Apple Remot e への対応,システムトレイへの Boot Camp アイコンの追加,Windows へのドライバインストールプロセスの改善など。


Boot Camp 1.3 beta
 2007年6月公開。 MacBook Pro のキーボードバックライトがサポートされ,Apple Remote のペアリングが可能になった。


Boot Camp 3.1
 2010年1月19日,正式対応。 Windows 7 に正式対応した。


Boot Camp Utility for Windows 7 Upgrade
 2010年1月19日に公開された Windows Vista から Windows 7 へアップグレードする際に起こる不具合を回避するソフト。


iMac Late 2009 Windows 7 Drivers
 2010年1月19日に公開された,21.5型/27型の最新 iMac に Windows 7 をインストールするのに必要なドライバ。



戻る 『Apple』最初のメニュー